お問合せ

コミュニケーションロボとは

コミュニケーションロボとは言語や身体によって人とやり取りをするロボットです。他にも、表情や顔の認証で特定の動きや移動が出来ます。
介護においても、コミュニケーション不足の解消、癒しから認知症対策まで、そして施設においても、介護スタッフの代わりに会話をしてくれたり、コミュニケーションロボはレクリエーションの司会進行、一日のスケジュール案内、フロアの見守り機能や遠隔地との通信機能など様々な支援が期待されています。

【施設で活躍するコミュニケーションロボの特徴】

1

施設で過ごすお客様の楽しみ、癒し、活動

2

働くスタッフの支援

コミュニケーションロボット
「Sota」と「Sotaレク」の支援内容

会話・案内

ユーザーからの言葉に応じて、さまざまな返答(約6,000通り)をしてくれます。
それ以外に、天気やニュース等の知りたい情報にも答えてくれます。

レクリエーション

Sota レクの進行機能

レクの内容に合わせてSotaが進行するので、レクを行うスタッフの業務負担を軽減します。
また、レクのマンネリ化を解消します。

シナリオ設定

ユーザーがオリジナルのシナリオを設定出来るので、
内覧会や見学の時などの、シーンに合わせてしゃべらせることが出来ます。

スケジュール機能

Sotaがアナウンスしますので、デイの一日の流れに合わせた内容を設定して、
Sotaがアナウンスします。

プレゼンテーション機能

パワーポイントのスライドに合わせてSotaが話しますので、
イベントの時などにも活用出来ます。

顔認証・カメラ撮影機能

顔認証機能によりを顔を検知し、
お客様のお名前を呼びかけたり、写真を撮る事が出来ます。

見守り・徘徊検知

「Sota」のカメラを通じて部屋の状況を確認できます。

コミュニケーション

Pepper

Pepper

数々のアプリで施設内でのコミュニケーション

パロ

パロ

人を和ませ、心を癒します

Sota

Sota

対話の楽しさ、見守る安心、レクリエーションの充実

モフトレ

モフトレ

高齢者の運動データをリアルタイムに把握し、体力維持・トレーニングに役立てるものです。

服薬支援ロボを使われたお客様・医療介護現場の声

ケアボット株式会社

〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-19-6
ヤサカ八丁堀ビル1F
電話:03-3538-2943

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝を除く)

お問い合せ